驚きの書き心地!シャーペンのおすすめ人気ランキング15選!

シャーペン

書き心地のいいシャーペンが欲しい…
大事な人へのプレゼントを探している…

今回は、書き心地やデザインに優れたおすすめのシャーペンをご紹介し、それぞれを比較・解説していきます。
さらに別枠で、MONTBLANCやPelikanなど、世界的に有名な高級メーカーから厳選したランキングもご用意しました。

自分に合ったシャーペンを探している方も、一生モノの筆記具を探している方も、ぜひ参考にしてみてください。

書き心地重視!シャーペンのおすすめ人気ランキングTOP10!

シャーペンを選ぶときに、もっとも重要なポイントといえば「書き心地」ですよね。
書き心地は、大きく分けて以下の3つの項目によって変わります。

  1. 軸の太さ
  2. 芯の太さ
  3. 重さ(重量感)

それぞれの特徴を以下にまとめてみました。

シャーペンを選ぶポイント
①手の大きさや筆圧にあわせて軸径(軸の太さ)を決める!
  • 手が大きい人や筆圧が強い人⇒ペン軸が太いシャーペンがおすすめ!
  • 手が小さい人や筆圧が弱い人⇒ペン軸が細いシャーペンがおすすめ!
②用途にあわせて芯径(芯の太さ)を決める!
  • ノートやメモ書きには一般的な0.5mmがおすすめ!
  • 細かい文字・線は0.3mmで書いた方が文字が潰れにくい!(筆圧が強い人はクルトガシリーズがおすすめ)
  • 海外ブランドは0.7mm、0.9mmモデルが多い。アルファベットがキレイに書ける!
③重さで書き心地が変わる!
  • 軽い⇒スラスラと筆記できる。メモなどをよくとる方におすすめ!
  • 重い⇒コントロールしやすく安定して文字をかける。日記など長めの文章を書く方におすすめ!

上記のポイント以外にも、シャーペンについている機能に注目しましょう。

たとえばPILOTやZEBRAは、「フレフレ&ノック式」「フリシャ機能」などの本体を振ることで芯が出る機能を採用しています。
ほかにも三菱鉛筆の「クルトガ」のような、書くたびに芯が回転し書き味を保つ機能など、各社がさまざまな工夫を凝らしたシャーペンを開発しています。

これらの機能も合わせてチェックしながら、商品を選んでいきましょう。
高級シャーペンへスキップ!

第10位|PILOT ドクターグリップCL プレイボーダー

 HDGCL50R

出典:Amazon.co.jp

メーカー PILOT
価格 438円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.5mm(0.3mmモデルもあり)
軸径 14.2mm
重さ 19.8g
機能 フレフレ&ノック式
内グリップ組み換え機能
カラー展開 全18色

学ぶ。× 遊ぶ。

ロングセラー商品である「ドクターグリップ」シリーズのなかでも、とくに遊び心のある商品が「CL プレイボーダー」です。

内グリップは3つに分解可能で、順番やほかの色を組み換えることができます。
パステルカラーを中心としたカラーバリエーションが全18色と豊富ですので、コレクションする楽しみもありそうですね。

機能の特徴としては、PILOT製品ではお馴染みの、振るだけで芯が出る「フレフレ&ノック式」を採用しています。
1978年の誕生以降、多くのユーザーに愛されたこの機能。
懐かしさを感じる方も多いのではないでしょうか。

書きやすさ、持ちやすさともに優れた定番のシャーペンですので、どなたにもおすすめできる商品です。
カラーバリエーションとカスタマイズ性も豊富ですので、お子さんがいる方にもおすすめできます。

第9位|ZEBRA テクトツゥーウェイ

tect-2way

出典:Amazon.co.jp

メーカー ZEBRA
価格 538円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.5mm(0.3mmモデルもあり)
軸径 10.5mm
重さ 23.9g
機能 フリシャ機能
フリシャ切換機能
カラー展開 全5色

振るだけで芯が出る。製図用シャープの書き心地

振るだけで芯が出る「フリシャ機能」を搭載したZEBRAのシャーペンです。
PILOTの「フレフレ&ノック式」と似ていますが、フリシャ機能はオン・オフできることが特徴です。
この機能により、もち運び時などの際に不必要に芯が出てしまうことがありません。

ペン先のパイプ長に余裕があるため、筆記している部分が見やすくなっていることも大きなメリットです。
23.9gという重さもほどよく、力を入れずともスラスラと書いていくことができます。

ご紹介したタイプは芯径が0.5mmですが、0.3mmのものもありますので、自分の使い方にあったタイプを選べるのも嬉しいところですね。
総じて「書き心地」がいいと人気の商品ですので、毎日のようにシャーペンを使用する方におすすめです。

第8位|三菱鉛筆 クルトガ ハイグレードモデル 0.3mm

M3-1012-1P

出典:Amazon.co.jp

メーカー 三菱鉛筆
価格 722円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.3mm(0.5mmモデルもあり)
軸径 9.9mm
重さ 15.1g
機能 クルトガエンジン
カラー展開 全4色

芯が回ってトガり続けるシャープ。

三菱鉛筆の人気モデル「クルトガ」のなかでも、素材やデザインにこだわったハイグレードなシャーペンです。
ペン軸にアルミを使うことで、先端に重さをもたせて書き味を向上させています。

機能の欄にも記載した「クルトガエンジン」とは、書くたびに芯が回転していく機構の名称です。
円筒形の芯を回転させながら使っていくので、常に一定の濃さや細さで書くことができます。
従来のシャーペンのようにいきなり線が太くなってしまったり、芯のカドが立ちすぎて崩れてしまったりすることも軽減されています。

色も鮮やかなブルーやピンクから、引き締まったブラック、ホワイトと一通り揃っていますので、TPO(Time,Place,Occasion)に合わせて使えます。
書き心地もよく、疲れにくいモデルですので、受験生やメモを取ることが多い方におすすめです。

第7位|STAEDTLER 製図用シャープペンシル

925-35

出典:Amazon.co.jp

メーカー STAEDTLER(ステッドラー)
価格 868円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.3/0.5/0.7/0.9/2.0mm
軸径 8.8mm
重さ 17g
機能 ホールド機構
滑り止め加工グリップ
硬度表示窓
カラー展開 全2色

高級感とハイスペックを兼ね備えたプロ仕様の「製図用シャープペン」

ドイツ生まれの世界的に有名な筆記具・製図用品メーカーである、STAEDTLER(ステッドラー)の本格派シャーペンです。
「製図用」と記載されていますが、もちろん普通の書き物にも使えますので安心してください。

ペン先部分が4mmと長く設計されていることで、線や文字などがとても見やすく、すらすらと書いていくことができます。
その書きやすさは安価な製品と比べてみれば一目瞭然です。

見やすさのほかにも、グリップ部に滑り止め加工をほどこしたり、回転を防ぐホールド機構を採用したりと、長時間の使用でも疲れない工夫が盛り込まれた一本です。

芯径も0.3、0.5、0.7、0.9、2.0mmと幅広く取り揃えていますので、筆圧の強弱に関わらず、毎日のようにシャーペンを使用する方におすすめです。

第6位|三菱鉛筆 クルトガ アドバンス

M5-559-1P

出典:Amazon.co.jp

メーカー 三菱鉛筆
価格 389円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.5mm(0.3mmモデルもあり)
軸径 10.7mm
重さ 13.6g
機能 Wスピードエンジン
芯折れ防止機構
カラー展開 全12色

キレイな文字が書ける。

三菱鉛筆の特徴である「クルトガエンジン」をさらにパワーアップさせ、書き心地の向上を図ったシャーペンです。

新たに搭載された「Wスピードエンジン」は、クルトガエンジンの2倍速で芯を回転させるため、より細かくなめらかな書き心地を保つことに成功しています。
芯折れ防止機構もついていますので、長い目でみたコストパフォーマンスも優秀です。

可読性もバツグンのため、ノートをとる機会の多い受験生におすすめです。
また、レポートや書類作成に追われる大学生・社会人の方にも試していただきたい一本です。

第5位|PILOT S20

s20

出典:Amazon.co.jp

メーカー PILOT
価格 1,643円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.5mm(0.3mmモデルもあり)
軸径 10.6mm
重さ 18.1g
カラー展開 全5色

やさしい木のぬくもりをシャープペンです。

天然カバ材を使用した木目が美しい、高級感あふれるシャーペンです。
掲載したダークブラウン以外にも、マホガニーやディープレッドなど、木目によく映えるカラーバリエーションが用意されています。
持ち物やインテリアに合わせるのもよいでしょう。

この手の商品は「デザインはよいけれど、使いにくい」といった評価を受けがちですが、そこはさすがのPILOT製品。
書き心地やフィット感もよく、多くのユーザーが「使いやすさ」を賞賛しています。

高級感のあるシャーペンを使いたい方や、プレゼントを探している方におすすめです。

第4位|ZEBRA デルガード

delguard

出典:Amazon.co.jp

メーカー ZEBRA
価格 271円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.5mm(0.3mm/0.7mmモデルもあり)
軸径 15mm
重さ 10g
機能 デルガードシステム
カラー展開 全12色

もう、折れない。

「もう、折れない。」というキャッチコピーで人気のZEBRA製シャーペンです。
芯が折れない秘密は、軸に内蔵されたスプリングと、先端に備えられた金属部の2つの機構にあります。

スプリングが圧力を分散させ、金属部が芯をガードすることにより芯折れを防ぎます。
さらに芯を誘導する機能も備えられているため、芯詰まりを起こしません。

デザイン面の特徴としては色のバリエーションが多く、さらにハニカムパターン、スクエアパターンを用意することにより選択の幅を広げています。

芯に関してこだわりが詰まったシャーペンですので、筆圧が強くてよく折ってしまう方や、芯詰まりのストレスをなくしたい方におすすめです。

第3位|ぺんてる 万年CIL(ケリー)

P1035

出典:Amazon.co.jp

メーカー ぺんてる
価格 964円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.5mm
軸径 15mm
重さ 22g
機能 キャップ式タイプ
カラー展開 全5色

「ケリー」の愛称でお馴染みのロングセラー商品。

「ケリー」は1971年の販売から現在まで、根強い人気をほこるシャーペンです。
カラーバリエーションもブルーやロゼなどの華やかな色から、スモーキグレーやブラックなどの落ち着いた色が揃っているので、色違いで購入する方が多いのも特徴です。

キャップを外して後ろにはめて使うタイプのため、重心のバランスがよく、ほかのシャーペンとはまた違ったなめらかな書き心地を楽しめます。

一見して万年筆に見える特徴的なデザインは話の種にもなりますし、上品ですのでビジネスシーンでも安心して使えます。
落ち着いた印象のシャーペンを探している方や、万年筆を使い慣れている方におすすめです。

第2位|LAMY ラミー 2000

LAMY-2000

出典:Amazon.co.jp

メーカー LAMY(ラミー)
価格 5,577円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.5mm
軸径 11mm
重さ 18g
機能
カラー展開 全1色

商品リンク

バウハウスのDNAを今に伝えるラミーの原点

1930年にドイツで創業された老舗メーカー、ラミーの原点ともいえるロングセラーシャーペンです。
シンプルで使いやすく、書き味もよいことから、シリーズを通して多くのファンを獲得しています。

写真で見ると伝わりにくいかもしれませんが、ボディは樹脂とステンレスが用いられており、表面に繊細な美しいラインが入っています。
ほかの商品と比べると少々高価ですが、そのぶん細かいデザインへのこだわりや、手にとったときの重厚さが際立ちます。

どこに出しても恥ずかしくないデザインと書き心地ですので、ビジネスシーンで使えるシャーペンを探している方におすすめです。
また、同モデルでボールペンも販売されていますので、合わせて揃えるのもよいでしょう。

第1位|ぺんてる スマッシュ

Q1005-1

出典:Amazon.co.jp

メーカー ぺんてる
価格 661円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.5mm
軸径 11mm
重さ 13g
機能 芯硬度表示
カラー展開 全6色

ほかでは味わえない書き心地

「スマッシュ」は、ぺんてるの製図用シャーペンである「グラフ1000」の一般向け商品として開発されたモデルです。
グラフ1000と同じ機構を採用し、口金(ペン先部)とグリップを一体化させるなど、ハードな使用にも楽々耐える仕上がりとなっています。

真鍮を焼きつけることにより独特の質感を出したグリップは手によく馴染み、立体的な「ラバーリブ」によってしっかりと握れるようになっています。
内部機構だけでなく、グリップ部分にもこだわりが感じられます。

書き心地に関しては「ほかでは味わえない書き心地」というキャッチコピーに偽りはなく、ほんとうに多くのユーザーが賞賛している一本です。

書き味もグリップ感もよく、どなたにもおすすめできるシャーペンです。
まだ使ったことがない方は、ぜひいちど手に取ってみてください。

プレゼントにもおすすめ!高級シャーペンのおすすめ人気ランキングTOP5!

プレゼント

ここからは、高級シャーペンの人気ランキングを発表していきます。
メーカーごとの技術が活かされ、細部まで「いい仕事」がほどこされた伝統工芸品のような素晴らしい商品をセレクトしました。

取り立てて特徴的な機能をもった商品はありませんが、むしろ高級シャーペンに余計な機能は必要ありません。
大人ならば一本はもっておきたい商品ばかりです。

第5位|CROSS クラシック センチュリー スターリングシルバー

CROSS クラシック センチュリー スターリングシルバー

出典:Amazon.co.jp

メーカー CROSS(クロス)
価格 15,708円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.7mm
軸径 7.5mm
重さ 16g
機能 回転繰り出し式
カラー展開 全5色

シンプルかつ普遍的なデザイン

アメリカの老舗筆記具メーカー「CROSS」が販売している、クラシックタイプのシャーペンです。

本商品はいくつかの価格にわかれているのですが、その最上級のモデルです。
洗練されたシャープで美しいフォルムにシルバーがよく映えます。
パッと見ただけでも高級感が伝わりますが、不思議と嫌らしさは感じません。

ボディを回して芯を出す回転繰り出し式を採用しており、ノック式のようにカチカチと音が立つことがありません。
図書館や電車内など、周りに多くの人がいる環境でも気兼ねなく取り出せます。

芯径は0.7mmと太めですので、筆圧の高い方におすすめです。
また滑りもよいので、文字だけでなく絵を描くような方にもおすすめできます。

第4位|Faber-Castell ギロシェ

Faber-Castell ギロシェ

出典:Amazon.co.jp

メーカー Faber-Castell(ファーバーカステル)
価格 18,728円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.7mm
軸径 9.5mm
重さ 25g
機能
カラー展開 全4色

伝統技術を胴軸に刻んだ、ギロシェシリーズ

高級筆記具や画材を扱うメーカーとして有名な、「Faber-Castell」のシャーペンです。

商品名にもなっている「ギロシェ」はヨーロッパの装飾技術のひとつで、細やかな波縞模様が特徴です。
キャップと口金部はロジウムでコーティングされているので、変色しにくく、耐食性も高くなっています。

老舗メーカーの伝統技術が惜しみなく投入されていますので、当然ながら書き心地もよく、購入者の多くが「素晴らしい書き心地」と評しています。

耐久性にも優れているので、長く使えるシャーペンを探している方や、何かの記念にいい物を購入したいと考えている方におすすめです。

第3位|Caran d’Ache エクリドール シェブロン シルバー

Caran d'Ache エクリドール シェブロン シルバー

出典:Amazon.co.jp

メーカー Caran d’Ache(カランダッシュ)
価格 12,736円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.7mm
軸径 9mm
重さ 25g
機能
カラー展開 全2色

美しくシャープなフォルムを守り続けてきた、エクリドールコレクション

1915年に創業されたスイスの高級筆記具ブランド、「Caran d’Ache」が販売する「エクリドールシリーズ」の商品です。
日本ではそこまで有名なブランドではありませんが、筆記具ファンからは絶大な人気と信頼をほこるメーカーです。

宝石のようにカットされた六角形の軸が特徴で、全体にあしらわれたシルバーからは、工芸品のようなクラフトマンシップを感じられます。
この軸は一見握りづらそうに思えますが、驚くほどのフィット感と書き心地を体感できます。

見た目以上の重量感があるのでペン先が非常に安定します。
そのため、ゆっくりと日記やメモを書きたいといった方におすすめです。

第2位|Pelikan スーベレーン D600

D600

出典:Amazon.co.jp

メーカー Pelikan(ペリカン)
価格 21,600円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.7mm
軸径 11mm
重さ 24.2g
機能
カラー展開 全4色

真のクラシック

万年筆で有名な「Pelikan」も、高級シャープペンシルをリリースしています。

なめらかで格調高いフォルムと、縦に入れられた美しい縞模様は、まさに高級品といった出で立ちです。
ペリカンを模したクリップも遊び心が効いていて、まさしく大人がもつためのシャーペンだと言えるでしょう。

本体はつるつるとしていますが手によくフィットし、書き心地も良好です。
自分に対しての記念品でも、大事な方へのプレゼントでも、特別な一本を探している方におすすめです。

第1位|MONTBLANC マイスターシュテュック プラチナ クラシック

2867

出典:Amazon.co.jp

メーカー MONTBLANC(モンブラン)
価格 39,740円(Amazonにて2018年5月12日時点)
芯径 0.5mm
軸径 12.3mm
重さ 26g
機能
カラー展開 全1色

モンブランを瞬く間に世界最高の筆記具ブランドへと押し上げた傑作

高級筆記具メーカーとして1、2を争う人気ブランド、「MONTBLANC」の代表的な製品が「マイスターシュテュック」シリーズです。

深い黒に包まれた本体は、シンプルでありながら細かいこだわりが見てとれます。
まさに「これぞ筆記用具」といった、王道かつパーフェクトなデザインだと言えるでしょう。

グリップ感や書き心地はさすがモンブランと言ったところで、非常にバランスが取れていますし、長時間の使用でも疲れません。

一生モノのシャーペンを探している方や、とにかくいい物をもちたいといった方におすすめです。
そして、こういった商品をもっていることは信頼感にも結びつきます。
書くだけでなく、ペンを渡して「書いてもらう」ことが多い方にもおすすめしたいシャーペンです。

まとめ

ふだん使いできるものから一生モノの高級品まで、さまざまなシャーペンをご紹介してきました。

シャーペンを選ぶときには、手の大きさや筆圧に合わせて軸径を決めましょう。
ノートやメモ書きには0.5mm、細かい字を書くときは0.3mmなど、用途に合わせて芯径を選ぶことも重要です。
同じモデルでも太さの異なるタイプを販売している商品もありますのでチェックしてみてくださいね。

重さも書き心地の決め手になるポイントです。
スラスラと書きたい方は軽いものを、安定した文字を書きたい方は重いものを選びましょう。

そして、機能も忘れてはいけません。
各メーカーとも特徴的な商品を販売していますので、忘れずにチェックしてみてください。

シャーペンの売れ筋ランキングをCheck!!

【Amazon】売れ筋ランキング

【楽天】売れ筋ランキング

【価格.com】売れ筋ランキング